• shotgunshack

「Elvis has left the building」!


2019年6月公開


《アマンダと僕》


普段、


フランス映画はあまり観ない自分が


久々に何回でも観たくなるほど、


ハマりました。





特に、印象深いシーンで、


娘が、


母に、


"What does this word mean?"


 「Elvis has left the building」


と、問うシーンがあります。







直訳すれば「エルヴィスは建物を出た」。


つまり、


楽しいことはもう終わり、


という意味で使


われる英語の言い回しである。


1956年、エルヴィス・プレスリーのショ


ーが終わった後、会場をなかなか去ろうと


しない女性たちにディスクジョッキーが発


した言葉が元だ。





更に、


この映画のキーワードとなり、


生きる事の尊さを


説いてます。


まさか、



ロカビリーとだいぶかけ離れるているフランス映画のワンシーンにでてくるとは

思いませんでした。





本作のストーリーは


叔父さんと姪っ子の


これからどうやって2人の心を通わせながら、人生を歩んでいくか


というなかなかのシリアスな内容です。



凝った演出もなければ、


それほど有名な俳優、女優でもなく、


ロケーションもごくありふれた風景、景観だが、



個人的には


”これでいいんだよ"


って思います。


やっぱり


作り込まれた


脚本、


台本、


役者の繊細な役作りがしっかりしてれば、


自ずと作品に引き込まれていきます。




つまらないバラエティ番組や、フェイクニュース垂れ流しの情報番組を見るんだったら、


趣きがあり、


為になる、


映画でも観ましょ!




see you !
















Recent Posts

See All