• shotgunshack

The world is full of lies!

昔からの習性なんですけど、


政治家に偽善者が増えてきて、TVからフェイクニュースの垂れ流しが多くなってくると、


パンクロックを無性に聴きたくなる


時があります。


な、わけで、


11月に紹介しきれなかった


アルバムを紹介していきます。



1995年11月13日リリース。


アコースティック・セットをフィーチャーしたライヴ・アルバム『ストリップド』。


主にアムステルダム、パリ、ロンドンで公演した際でのベストテイクをまとめたアルバム。



個人的には


キースの


ボーカルが聴けて


バディホリーの


《ノット・フェイド・アウェイ》


が聴けただけでも


Satisfaction !



r.i.p Charlie Watts



1997年11月18日リリース。


多分、英国で制作されたと言われてるレアトラック3曲が入っている、アンオフィシャル盤。



forever RAMONES !





1991年11月19日リリース。




『ロンドン・コーリング』発売25周年記念してリリースしたザ・クラッシュの3枚組ベスト・アルバムの再発盤。


商業的にもあまり上手くいかなくて、


パンクで腐り切った社会を変革していくぜぇっ!て言ってながら、結局何も変わらなかったけど、



クラッシュが残したこの作品は


決して色あせることなく、


常に輝きをましながら


次世代に間違いなく


受け継がれています。




1981年11月20日リリース。



'81アルバム未収録のシングル・オンリー曲を集めたアルバム。


ラップ・スタイルで未だプレイされるNEW WAVE DISCO調の腰ふりフリ

"THIS IS RADIO CLASH"、


DUB 満載な、RADIO CLASH"をカップリングしています。



この頃から


ロックシーンに


色々な新しい風が


絶え間なく吹き込まれてきます。



当時の中学生の自分は、


ラップ、dubなど、


全く受け入れる事ができずに、



パンクとロカビリーばっかり


聴いてました。


1978年11月24日リリース


いつもこの曲を聴いて思うんだけど、


結局、


ホンモノ




ニセモノ


のどちらかなんだよね。


ホンモノとニセモノを見分けられる


人間になりたいね。




2007年11月12日リリース。



最後はシェリル姐さん。


これからシェリル姐さんを聴いてみたいリスナー達には是非!というくらいの、ベストアルバム。


最近少しずつライブ活動を始めたシェリル姐さん。


最新のライブをyou tubeで観たら、


サポートミュージシャン達が、相変わらずの全員イケメン&ワイルドロン毛兄さん!


シェリル姐さんも好きね。







チャオ!







Recent Posts

See All